淋病はクラミジアと同じく、日本人が多く感染しているSTDです。

淋病に苦しむ男女

淋病の性行為による感染率

性感染症には女性に多いカンジダ症や若者の間で増加しているクラミジアなど多数ありますが、性感染症の中の一つとして知られている淋病は感染力が強く、性行為の際には注意しなければいけない病気となっています。
性行為による淋病の感染率は3割程度となっており、性感染症の中では決して低い数字ではありません。
しかし、それ以上に淋病が感染しやすい病気となっているのは、本人が感染していると自覚せずに性行為に及んでしまうことが多いからです。
男性の場合は排尿時に痛みを感じるなど、自覚症状が現れること多いので感染源とはなりにくくなっています。
ですが、女性の場合は男性と比べて圧倒的に自覚症状が少なく、本人も感染しているとは気が付かずに性行為に及んでしまうことが多いのです。
それでは女性だけが感染しているか注意し、男性はそれほど注意しなくても良いのかというとそうではありません。
最近は男性でも自覚症状が現れない淋病の感染が増えているのです。
それはオーラルセックスによる喉への感染です。
一般的な性行為による性器への感染とは違い、淋病 喉感染症状はとても少ないのでそうとは気が付かないことが多いのです。
症状が出ても発熱や喉の痛み、喉の腫れなど風邪とよく似た症状となっているので淋病だとは気が付かないのです。
性感染症というのは恥ずかしいと思う人が多いので発見が遅れることが多いのですが、最近ではそういった人達の為に自宅でも使える検査キットも存在します。
血液を輸血など、予期せぬ事から誰しも感染する可能性があるHIV検査は自宅で出来ます
知らずに性病にかかってしまい、大事な人に感染させてしまう前に定期的に感染しているか検査することが重要です。淋病用の薬のイメージ
淋病の治療法は投薬です。
その際にはレボフロキサシンを使用すると良いでしょう。また、レボフロキサシンは腸炎、目、鼻の感染症に効くと言われています。今ではインターネットなどでも簡単に購入することが可能で、副作用も少なく様々な感染症に効果がある便利な薬です。
もし淋病の疑いがある場合にはそのまま放置せず、しっかりと治療するようにしましょう。