淋病はクラミジアと同じく、日本人が多く感染しているSTDです。

淋病に苦しむ男女

かゆいなど淋病の症状はすぐに吉原のクリニックを受診

吉原のクリニックのイメージ淋病をはじめとする性行為が原因となり感染する病気を性病と呼びます。
性病はかゆいと感じることはあっても症状が軽い場合が多いため、エイズに比べると警戒心が低いと言わざるをえない状況ですが、近頃は性感染症も変化してきていることを理解しておきましょう。
そのため、かゆいという感覚でもいつもと少しでも異なる変化が生じた際には早いうちに吉原のクリニックを受診する必要があります。
淋病であればこれまで中心だったデリケートゾーン以外に口にも広がってきていることが挙げられます。
しかも、これまでに比べると症状が無いまま感染してしまっている方が増加傾向にあるので気がつかないままパートナーにも広めてしまい拡大させてしまうということが急増してきています。
また、性病というと吉原などで働いている女性が感染源となり、そういった施設を利用する一部の男性のみが発症するというイメージでしたが現在は当てはまりません。
それは、若い世代を中心に性というものが以前よりも開放的になってきていることと行為が多様化していることが挙げられます。
そのため、通常の生活を営んでいても男女間に淋病をはじめとする性感染症の危険性が高まりつつあるのです。
男性の場合、淋病はクラミジアに次ぐ感染者数の多い病気です。
淋病の原因となる淋菌に感染することにより、女性の場合は子宮頚管に炎症が起こり男性の場合は尿道に炎症が起こります。
尿道炎の場合は排尿時にいたみを感じたり尿に膿が混じることがあり、女性の場合はおりものの量が増える傾向にあります。
男性よりも女性の方が自覚症状が起きにくいとされているので、症状が進行することで不妊の要因になってしまうこともあります。
こうしたことからかゆいといった少しの変化が起きた場合はすぐに吉原のクリニックを受診することが求められるのです。