淋病はクラミジアと同じく、日本人が多く感染しているSTDです。

淋病に苦しむ男女

増加傾向にある淋病と無料検査が実施されているエイズ

セックスをする男女であれば、かかる可能性が誰にでもあるのが性病です。性病には完治するものと、完治ができないものが存在します。性病が疑われるなら、まずは病院で検査を受けるようにしましょう。
淋病は淋菌というナイセリア属の菌が感染することで、発症します。主に性器から感染しますが、オーラルセックスを行うことで、喉に感染する例も最近では多くなっています。
1984年をピークに淋病は減少傾向にありましたが、1990年代に入ると、再び増加を始めるようになっていますので、注意が必要です。
淋病に感染すると、数時間から数日程度で発症します。男性なら尿道炎、女性は子宮頸管炎が起こりますが、初期の段階では自覚症状がほぼないため、治療が遅れるもとになります。しかし、男性は尿道炎の痛みが強く出ますので、淋病の感染がわかりやすい特徴を持っています。感染の疑いがあるなら、パートナーの女性とともに、病院に向かうことをおすすめします。
エイズにかかっているかもしれないカップル淋病は治療で完治しますが、完治できない性病がエイズです。エイズは性行為の他、輸血などの血液感染でも起こります。
エイズにかかると身体のあらゆる臓器が弱り、最終的には死に至る恐ろしい病気です。エイズの進行を食い止めるために、無料検査が受けられるところを頼りましょう。全国にある保健所や福祉センターにて、無料の検査を行っています。無料に加え匿名にて、受けられます。予約が必要な場合もありますので、事前に調べておきましょう。
感染してもいきなりエイズになるのではなく、まずはHIVというものに感染します。HIVの段階なら深刻な症状を引き起こすことはありません。この状態を保てる有効な薬がありますので、早期発見が命を救います。