淋病はクラミジアと同じく、日本人が多く感染しているSTDです。

淋病に苦しむ男女

淋病やカンジタは病院の泌尿器科や婦人科で治療します

淋病は、昔から梅毒と並んで泌尿器科で治療することが多い性病です。
淋菌によって尿道炎が起こり、男性の場合は尿道にかゆみが出たり分泌物が出たりします。
さらに症状が進むと、排尿時に痛みを感じたり、尿道の入り口が腫れることもあります。
女性の場合は、子宮内膜炎になる場合もあります。
淋病は、性器での感染によって発症することが多いのですが、オーラルセックスでも感染します。
パートナー同士で、何度も繰り返し感染する人もいるため、パートナーと一緒に検査と治療を進めることが大事です。
淋病は、治療を行って症状が出なくなっても病原菌が残っている可能性があります。
ですから、完治したかどうかを確かめる確認検査も必要となってきます。
カンジタは、カンジタという真菌が膣などに感染して起こる性感染症です。
女性がかかる感染症の中でもよく知られている病気で、性交渉がない女性でも発症することがあります。
カンジタが膣の中にいることは、何の問題もないのですが、カンジタが膣内で増殖して病気の症状が出るようになると、治療が必要となります。
カンジタは、性交渉によって発症することもありますが、ストレスや疲労で体の免疫力が落ちた時や、抗生物質の使用後などにも発症することがあります。
カンジタの再発が繰り返される場合は、他の性感染症や糖尿病の検査をすることもあります。
また、パートナーに感染する可能性もあるので、パートナーに症状が出ていなくても検査をしてもらった方がいいです。
泌尿器科と婦人科がある病院へ行き、男性の場合は泌尿器科で、女性の場合は婦人科で医師の診察を受けます。
性感染症は、早期治療をすれば体の負担も費用の負担も少なくて済むので、できるだけ早く治療を行うことが大切です。